・・・ ✲✲    言霊の森  word spirit forest ✲✲

〜開運占術カウンセラーによる運気UP情報blog〜

占いとの付き合い方 1

占いで良くなかった場合、とても落ち込みますし、誰しもがっかりするでしょう。

 

大抵の占い(タロットやダウジング等の卜術は別ですが)は統計学上のもので、この事象はこうなるケースが多いので気を付けましょう。ということをお伝えしているのです。

 

占いはアドバイスから心を軽くしてくれるものとして捉えて、良くない予兆であっても、そうならないように自分の行動パターンを変えていくことが大切になります。

 

ちなみに、手相ではその人の思考パターン(考え方の癖)が表れた手のシワと考えられています。

 

手は第二の脳と言われているため、手のシワにその人の考え方や行動パターンが出ているということになります。(手相では色や肉付きもやや関係してきます。)

 

 占いをやってみて、悪い、ダメだ、良くなかった。となっても落ち着いてそうならないように気を付け、また鑑定師から、開運アドバイスがあれば、受け止めて前向きに対処しましょう。

 

 また、誕生日から性格をある程度特定することもできます。あ~あの人は良く分からないな。結婚したけれど相手のことが今一つ分かり合えない。といった場合も、お相手を理解する材料になったりもします。

 

 自分と性格が全く違う子供・・・一体どうしたら?と悩んでしまった時も何かのヒントを得ることができます。

 

全てを占いで決める必要はありませんが、なにかのヒントを得るという意味で、ぜひ活用されてみて下さい。

 

特に九星気学は、こちらから吉をとる行動ができる唯一の占術です。スムーズでない毎日を送っている方は、是非、九星気学で少しだけ開運に向けた行動をとることをおススメします☆

 

 

 

それでは、また