・・・ ✲✲    言霊の森  word spirit forest ✲✲

〜開運占術カウンセラーによる運気UP情報blog〜

手相: 適職がわかる その1(医療関係・福祉・介護)

f:id:reisfortune:20200109185130p:plain


今回は、医療関係者(福祉・介護等含む)に多い手相をご紹介します。

 

まず、上の図を参考に・・

1:医療線(紫)がある (小指と薬指の間に数本の縦線がある)

2:奉仕十字線(赤)(生命線と運命線(青)の間にはっきりとした✖印がある)

 

これらの2つの線が見られる場合は、人の為となるような仕事をしていきたいと考えている方であり、自分を犠牲にしても誰かの役に立ちたいと思っている方で、医師・看護師などの医療関係者や福祉・介護関係のお仕事が適職です。

 

また、2の奉仕十字線だけある方は、警察官に多く見られます。

 

なお、奉仕十字線と間違えやすいのが、海外進出線に障害線がある場合と非常に似ていますのでご注意くださいね。

 

f:id:reisfortune:20200109212255p:plain

海外進出線に障害線

 

 

 手相を少し知っておくと、自分を含め家族の得意な分野も知ることができます。

 

お子様の得意分野を知る手がかりにもなります。

 

10歳位から少しずつ線がはっきりとしてきますので、ぜひお役立てくださいませ☝